難しい発音の裏技

英語の音の中には、日本語には無いものがいくつもあるという話はしましたが、
練習を重ねてもどうしても上手く発音することができない音もあるでしょう。
そんな時でも英会話に役立つ練習の豆知識を説明してみたいと思います。

 

ここでは例として、RとLの発音が苦手だとしましょう。
代表的な単語としてはrice(お米)とlice(シラミ)が挙げられます。
好きな食べ物を聞かれて間違えるととんでもないことになってしまいますよね。

 

でも、ネイティブの人たちが会話で最も重要視しているポイントは、
実はここの単語の発音よりも、文章全体のアクセント(強勢)の置き位置なんです。
よって、単語の発音が完璧でアクセントの位置がおかしい発音と、
単語の発音は不明瞭だけどアクセントの位置が完璧な発音なら、
圧倒的に通じやすいのは後者なんですね。
これもアクセント(強勢)のない日本人にはピンとこない感覚だと思います。
日本語なら前者の方が圧倒的に伝わりやすいですからね。
でも、英語とはそういう言語だということを理解して欲しいと思います。

 

なので、文脈単位での発音の練習は、アクセントの位置を最も重要視すべきなんです。
これは本当に日本人の盲点とも言えるポイントで、単語や文法を山のように覚えていても、
アクセントの位置は全く意識していない人が非常に多いように思われます。

 

本当に英会話で大切なのは文章全体を通したアクセントの位置だ、
ということを絶対に忘れないようにしましょう。


 

 

口の動きが完全にわかる! 発音スキルが一気に向上!

英語

 

英語
※雑誌、書籍、新聞など数々のメディアで大人気!!
管理人おすすめの発音改善プログラム