ピッチレンジを習得しよう

英語と日本語の音域が全く違うものであるという話をみなさんはご存知でしょうか?
日本語で使用される音域は、約130〜約1500ヘルツなのに対し、
英語で使用される音域は約1700〜約12000ヘルツという説があります。
ヘルツと言うのは周波数の単位です。

 

数字に着目してみると、日本語は高低の差がおよそ1300ヘルツ、
それに対して、英語は高低の差がおよそ10000ヘルツにもなります。
これからも分かるとおり、英語は日本語よりも遥かに発音の高低差が大きい言語なのです。

 

そのため、日本語の音の高低差に慣れてしまっていては、
正しい英語の発音は出来るはずがありません。
英語を話すときには、かなり音の高低を意識して発音しなければならないんですね。

 

英語を話す人の声を高いと感じたことがある人も多いのではないでしょうか。
でも、それは実際にその人の声が高いのではなく、
英語を話す上では高い声を出さざるを得ないからなんです。
また、地声が低い人でも、英語の発音はとても聞き取りやすい場合が多いです。
日本人は声の低い人がぼそぼそとしゃべると、聞き取りづらくなることが多いですからね。
これも英語の音域が日本語に比べて高いことに起因しています。

 

なので、みなさんも英会話の練習をするときは、音の高低差を意識しましょう。
ちょっと高いかな、くらいではまだ不十分である場合がほとんどです。
こんなに高くていいの、くらいで日本人の間隔ならちょうどいいのではないでしょうか。
是非、ネイティブの発音を聞いて実際に耳で確認してみてください。


 

 

口の動きが完全にわかる! 発音スキルが一気に向上!

英語

 

英語
※雑誌、書籍、新聞など数々のメディアで大人気!!
管理人おすすめの発音改善プログラム