リズムを大切にしよう

日本語で文脈のリズムというのは、必ず音節単位になります。
つまり、音節と音節の間はいつも等間隔になるんです。
このため、日本人は英語のリンキングが苦手だということは説明しましたね。

 

もちろん、英語も言語であるため、文脈にはリズムがあります。
では、英語の文脈におけるリズムとはどういったものなのでしょうか。

 

ここで理解しておいてもらいたいポイントは、
英語の文脈のリズムはアクセント(強勢)を単位として決まる、ということです。
日本語では音節と音節の間が等間隔になりリズムを取りますが、
英語ではアクセントとアクセントの間の距離が一定になるんです。

 

アクセントをリズムの単位とする英語では音節がリズムには関係ないので、
以前に説明したリンキングが起こりうるというわけですね。

 

また、英語圏にはチャンツと呼ばれる言葉遊びが存在します。
チャンツとは、一定のリズムに合わせて言葉を歌のように発音する遊びです。
ここで思い浮かべてもらいたいのが、洋楽のリズムです。
英語の歌詞は知っている単語ばかりなのに、
歌になると聞き取れないという経験をした人はいませんか。
それは音節単位でしか言語を分解できない日本人にありがちな症状です。
英語はアクセントによるリズムであるため、好きな洋楽の歌を繰り返し聴いて、
どのようにアクセントで取るリズムに慣れるというのも上達方法の一つでしょう。

 

とにかく、英語はリズムが大切です。

 

これは余談になりますが、
日本語で「知らんぷり」と言えば外国の人には「Sit down please.」と聞こえ、
「掘った芋いじるな」と言えば「what time is it now?」に聞こえるという話があります。
そのくらい日本語と英語のリズム感が違うことをあらわす面白い例だと思います。


 

 

口の動きが完全にわかる! 発音スキルが一気に向上!

英語

 

英語
※雑誌、書籍、新聞など数々のメディアで大人気!!
管理人おすすめの発音改善プログラム