リンキングのコツ

ネイティブの人たちが一般的に使う文脈発音の手法の一つに、リンキングがあります。
リンキング(linking)とはその名前の通り、
ふたつの単語を繋げて一つの単語として発音することです。

 

どういった場合にリンキングが起こるのかというと、
子音で終わる単語の後ろに、母音で始まる単語が来ているときに、
語尾の子音と語頭の母音がくっついて発音されるのです。
音節がはっきりした日本語に慣れた日本人の耳からすると、
このリンキングは聞き取るのに非常にやっかいなものです。

 

例えば、「look at it」という並びでは、
kとa、tとiの間でリンキングが二度起こります。
つまり、これら三語をあたかも一語であるかのように発音するのです。
このような現象は日本語では起こりえませんよね。

 

リンキングについて注意してもらいたいのが、
そういった話し方は、日本で言う若者言葉だと考えていたり、
フォーマルな場所では使われない砕けた表現だと勘違いしていたりする人が多いことです。
決してそんなことはありません。
リンキングはネイティブなら誰しもが自然に使用する発音方法の一つなのです。
極端な話ですが、ご高齢の老人も、大統領もリンキングを当たり前のものとして使います。

 

そのため、上記のリンキングの起こる場合を理解していないと、
ネイティブの話す英語の文脈は聞き取れなくなってしまいます。
また、逆に自分が話す場合でも、リンキングをしっかり使いこなせないと、
相手によっては聞き取れないかもしれません。
聞き取ってもらえたとしても、かなり不自然な英語に聞こえてしまうでしょう。
そのぐらいリンキングは英会話の基本中の基本なんです。

 

リンキングに慣れるには、ネイティブの発音を繰り返し聞くことで慣れるしかありません。
既に紹介している海外のニュースやドラマを視聴するときに、
リンキングを意識して聞いてみるといいでしょう。


 

 

口の動きが完全にわかる! 発音スキルが一気に向上!

英語

 

英語
※雑誌、書籍、新聞など数々のメディアで大人気!!
管理人おすすめの発音改善プログラム