単語から文脈の発音へ

ここまで説明してきた通り、アルファベットの文字ごとや、
単語ごとの発音についての要点は大方みなさんに理解していただけたかと思います。
ここからは、文脈レベルでの発音に重点を置いた英語発音方法について説明します。

 

まず、単語の発音と文脈の発音との違いは何でしょうか?
そう聞かれたときにピンとこない日本人は多いはずです。
なぜなら、日本語というのは単語単語の発音さえ出来ていれば、
あとはそれを並べるだけで綺麗な日本語の文脈になる言語だからです。
単語レベルと文脈レベルで発音が違うといったことは絶対にありません。

 

ところが、英語ではそうしたことが往々にして起こりうるんです。
同じ単語でも、文脈の中で強く発音するときもあれば、弱く発音するときもあります。
また、子音と母音の位置によって、二語の単語がくっついて発音される場合もあります。
さらに、幾つかの単語を結合させる話法や、語尾を省略して話す話法も存在します。

 

ネイティブスピーカーはこういったテクニックを当たり前のものとして使います。
彼らと同じレベルでこれらのテクニックを使えるようになる必要はありませんが、
そういったテクニックがあるという知識をつけなければリスニングは困難になりますよね。

 

この章では、そういったテクニックをひとつひとつ説明していきたいと思います。
発音に重点を置いていない日本の英語教育では、ほとんど学ぶことのできないものです。
是非、あなたの英語発音向上のためにも自分のものにしてみましょう。


 

 

口の動きが完全にわかる! 発音スキルが一気に向上!

英語

 

英語
※雑誌、書籍、新聞など数々のメディアで大人気!!
管理人おすすめの発音改善プログラム