発音のステップアップ練習

文字や単語レベルでの英語発音の説明があらかた終了したので、ここからはより本格的な文節レベルでの発音練習方法について説明していきたいと思います。文章を英語で発音するに当たって重要なリズムやリンキング、ウィーキングといったあまり有名では無いかもしれませんがかなり重要な手法をひとつひとつ丁寧に解説していきます。

 

ここまで説明してきた通り、アルファベットの文字ごとや、単語ごとの発音についての要点は大方みなさんに理解していただけたかと思います。ここからは、文脈レベルでの発音に重点を置いた英語発音方法について説明します。まず、単語の発音と文脈の発音との違いは何でしょうか?そう聞かれたときにピンとこない日本人は多いはずです。なぜなら、日本語というのは単語単語の発音さえ出来ていれば、あとはそれを並べるだけで綺麗な日...

ネイティブの人たちが一般的に使う文脈発音の手法の一つに、リンキングがあります。リンキング(linking)とはその名前の通り、ふたつの単語を繋げて一つの単語として発音することです。どういった場合にリンキングが起こるのかというと、子音で終わる単語の後ろに、母音で始まる単語が来ているときに、語尾の子音と語頭の母音がくっついて発音されるのです。音節がはっきりした日本語に慣れた日本人の耳からすると、このリ...

日本語で文脈のリズムというのは、必ず音節単位になります。つまり、音節と音節の間はいつも等間隔になるんです。このため、日本人は英語のリンキングが苦手だということは説明しましたね。もちろん、英語も言語であるため、文脈にはリズムがあります。では、英語の文脈におけるリズムとはどういったものなのでしょうか。ここで理解しておいてもらいたいポイントは、英語の文脈のリズムはアクセント(強勢)を単位として決まる、と...

次はウィーキング(消失)と呼ばれているテクニックです。これも英語の文脈では非常に頻繁に出てくるものなので、是非みなさんにもマスターしていただきたいと思います。ウィーキングとは、語尾が子音の破裂音で終わり、次の語の頭文字が子音の場合に、前の語の子音(破裂音)が発音されなくなるというものです。ここで少し破裂音について説明すると、破裂音とは口の中の空気を勢い良く外に吐き出すようにして発音する音のことで、...

英語と日本語の音域が全く違うものであるという話をみなさんはご存知でしょうか?日本語で使用される音域は、約130〜約1500ヘルツなのに対し、英語で使用される音域は約1700〜約12000ヘルツという説があります。ヘルツと言うのは周波数の単位です。数字に着目してみると、日本語は高低の差がおよそ1300ヘルツ、それに対して、英語は高低の差がおよそ10000ヘルツにもなります。これからも分かるとおり、英...

英語の音の中には、日本語には無いものがいくつもあるという話はしましたが、練習を重ねてもどうしても上手く発音することができない音もあるでしょう。そんな時でも英会話に役立つ練習の豆知識を説明してみたいと思います。ここでは例として、RとLの発音が苦手だとしましょう。代表的な単語としてはrice(お米)とlice(シラミ)が挙げられます。好きな食べ物を聞かれて間違えるととんでもないことになってしまいますよ...

口の動きが完全にわかる! 発音スキルが一気に向上!

英語

 

英語
※雑誌、書籍、新聞など数々のメディアで大人気!!
管理人おすすめの発音改善プログラム