アクセントを意識して話す

日本人は英語発音の際、あまりアクセントに注意を払わないという話は既にしました。
ここでは、アクセントを意識した話し方のコツについて説明したいと思います。

 

まず、英語のアクセント(強勢)とは、単純に強く発音するというものではありません。
強く発音するというのは正しいのですが、
実際にはそれに加えて、ゆっくり、はっきり、丁寧に、という要素が加わります。

 

つまり、アクセント(強勢)が置かれた箇所は、
強く、ゆっくり、はっきり、丁寧に発音しなければなりません。
逆に、アクセントの置かれていないそれ以外のところは、
弱く、はやく、曖昧気味に発音することになります。

 

分かりやすい例で言えば、楽譜における四分音符と八分音符の差のようなものですね。
ピアノなどを習ったことのある人は一層イメージしやすいと思います。

 

一度ネイティブの発音を聞いてもらえれば分かると思いますが、
文脈の中で、明らかに明瞭に聞こえる箇所と、そうでない箇所の差が非常に大きいです。
これがアクセントを意識して話す英会話の一番の見本になります。

 

単純にアクセントの位置を強く発音するだけで、他の箇所と同じスピードで話すと、
ネイティブの人たちは聞き取れない可能性が高いです。
なぜなら、本来の英語のアクセントとは上記の様に四つの条件を満たすものだからです。

 

このアクセントの使い方さえマスターできれば、
みなさんの英会話は一気にネイティブのそれに近づくことが出来るでしょう。

 

是非、リスニングや発音練習では普段からアクセントを意識してみてください。


 

 

口の動きが完全にわかる! 発音スキルが一気に向上!

英語

 

英語
※雑誌、書籍、新聞など数々のメディアで大人気!!
管理人おすすめの発音改善プログラム