緩急を意識するコツ

リスニング練習などで耳にする海外のニュース番組では、
英語はかなり早口で発音されます。
もちろん、ネイティブスピーカーの人々もほとんど同じ速さで会話することになります。

 

だからと言って、皆さんが実際に英語で会話する時にも、
同じスピードで話す必要が必要かと言われれば全くそんなことはありません。
むしろ、最初のうちは少しゆっくりでも正しい発音をすることを心掛けた方が良いです。
そうやって、アクセントや音の強弱長短を完璧に扱えるようになることが最優先です。

 

どうしても、日本人は「ネイティブ=会話が早い」というイメージを持ちがちですし、
「英会話が上達する=早くしゃべれる」と思っている人が多いです。
決してそんなことはありません。
ネイティブの人たちの会話が早口なのは、英語が上手いのではなく慣れているからです。
それに、実際に英語で会話するときは、よほどゆっくりでない限り、
誰も相手の会話の速度まで気にしている人は少ないと思います。

 

会話のスピードと言うものは、あとからでも充分ついてくるものなんです。
それに、アクセントなどを完璧に意識して話せば、
自然と文章全体は今までよりも速く発音することが出来るようになります。
つまり、英会話が上達するにしたがって、
自然と会話の会話速度は速くなってくるんですね。

 

くれぐれも、最初から「速く話そう」と考えて練習することはやめましょう。
普通のペースで正しく発音すれば、意思疎通には全く問題はありません。


 

 

口の動きが完全にわかる! 発音スキルが一気に向上!

英語

 

英語
※雑誌、書籍、新聞など数々のメディアで大人気!!
管理人おすすめの発音改善プログラム