BATHとBUSの違い

では、最後は発音の区別が難しい単語をみていきましょう。
ここでは、BATH(お風呂)とBUS(交通機関のバス)の区別のつけ方です。
どちらも日本語では「バス」になりますよね。
でも実際には全く違う音なのです。

 

BATHとBUSの発音記号【英語】と【英語】を見比べてもらえれば分かるとおり、
最初の音以外は全く違っているんです。
これが両方日本では「バス」と呼ばれ、発音されているのが、
ネイティブの人にとってみれば不思議でたまらないのではないかと思われます。

 

まずはBATH における【æ】の部分、表記で言えば「A」の箇所の発音です。
最初に、日本語で「あ」と発声したまま口の形を保ちます。
次に、口の形はそのままで「え」と発音してみてください。
これがこの発音記号の正しい発声方法です。
これも日本語にはない音なので、練習を重ねて出せるようにしてくださいね。
一方、BUSの【Λ】は、基本的に日本語の「あ行」の発音と同じで構いません。

 

BATHの【θ】の部分、「TH」の発音は、上下の前歯で軽く下を挟むようにしてから、
息を吐き出します。
また、BUSでは「Sの発音」で述べた発音を行います。

 

実際に口を動かしてみればよく分かりますが、
本当に全く別の音なんですよね。
他にも、英語には発音の紛らわしい単語が沢山ありますが、
記のように発音記号の読み方とそれぞれの発音の仕方さえマスターしていれば、
どんな単語でも正しく発音することができるようになります。

 

もし、みなさんが発音記号についてうろ覚えの知識しかないと感じるならば、
もう一度基本からしっかりと学びなおしてみることをおすすめします。
きっと、それだけでも英語の発音が劇的に変わることを実感できると思います。


 

 

口の動きが完全にわかる! 発音スキルが一気に向上!

英語

 

英語
※雑誌、書籍、新聞など数々のメディアで大人気!!
管理人おすすめの発音改善プログラム