Sの発音

Sの発音も日本人にとっては鬼門と言えるでしょう。
おそらく、正しく発音できている人はほとんどいないのではないでしょうか。

 

私が海外にいた時に、ネイティブの友人にしてもらった話なのですが、
彼曰く、「日本人はいつもsitをshitと言う。下品極まりない」とのことでした。
sitは「座る」ですが、shitは「糞」とか「畜生」というどちらかといえば汚い単語です。
もちろん彼自身も日本人がSの発音を正しく出来ていないという意味での、
笑い話として話してくれたのですが、それほど日本人はSの音が苦手なんですよね。

 

では、何故彼の話のようなことが起こってしまうのでしょうか。
それは、日本人がSを何でも「さ、し、す、せ、そ」発音しているからです。
まず、とても根本的な話になりますが、英語では「s」と「sh」は全く別の音です。
「sh」は日本語の「さ行」の発音とほぼ同じなんですね。
ところが、日本人はsitと言う時も同じように発音してしまいがちです。
このため、上記のようなジョークが生まれるんだと考えられます。

 

では正しいSの発音とはどういったものでしょうか。
まずは口を閉じます。それから、上下の前歯を付くか付かないかの距離に保ちます。
そのまま息を強めに出してみましょう。
吐き出す息と歯の間でかすかな摩擦音がなるのが分かると思います。
それが正しいSの発音になります。

 

この時、喉に手を当ててみてください。
正しく発音が出来ていれば、喉は振動しません。これはSが無声音だからです。
もし、Sの発音をしようとして喉に手を当てて震えているようなら、
それは間違った発音になります。
ちなみに、上に書いた「sh」の正しい発音では、きちんと喉が震えます。

 

これも、実際に自分で発音してみてコツを掴みましょう。


 

 

口の動きが完全にわかる! 発音スキルが一気に向上!

英語

 

英語
※雑誌、書籍、新聞など数々のメディアで大人気!!
管理人おすすめの発音改善プログラム