FとHの発音

さて、これまでにRとL、MとNについては説明してきました。
今度はFとHの発音の違いについて説明します。
FとHは上記のふたつほど難しいわけではありませんが、
日本人は良く混同して同じように発音してしまうので注意点を述べておきます。

 

まずはHからです。
これは日本語の「は、ひ、ふ、へ、ほ」とほぼ同じ発音方法で正しい発音が可能です。
なので、特に練習はいりません。
注意してもらいたいのが、この発音方法でFの音も発音してはいけないということです。

 

なぜならFの音というのは日本語にはない音だからです。
くれぐれも、「は行」の発音になってしまわないようにしましょう。

 

では、Fの発音方法です。
最初に、下の唇を上の前歯で軽く押さえてみてください。
次に、そのまま息を吐き出します。
そうすると、唇と前歯の隙間から息が漏れますよね。
それがFの発音になります。
是非、上の文章そのままで実際にやってみてください。
おそらくほとんどの人は「音になってない!」と思うのではないでしょうか。
それが正解です。なぜなら、Fの発音は日本語にない音だからです。
つまり、日本語に慣れたみなさんの耳には音として認識されていないだけなんです。
ネイティブの人に聞かせてあげれば、はっきりと音として認識してくれるでしょう。

 

逆に言えば、こういった日本語には無い音を意識して聞き取れるようになるのが、
英会話上達の目標とも言えますね。

 

是非頑張って、日本語にはない音でもきちんと聞き取れ、話せるようになりましょう。


 

 

口の動きが完全にわかる! 発音スキルが一気に向上!

英語

 

英語
※雑誌、書籍、新聞など数々のメディアで大人気!!
管理人おすすめの発音改善プログラム