MとNの発音

私が思うに、RとLについで難しいのがMとNの発音の区別です。
なぜなら、音素的に見るとMの発音は日本語に対応する音はありません。
意識せずに発音するとMを「ま行」で、Nを「な行」で発音してしまいがちですが、
どれはどちらも正しい発音ではないので注意してくださいね。

 

ではMの発音から見ていきましょう。
Mの発音時には、口は開けません。
「ま、み、む、め、も」を実際に発音してみてもらえば分かりますが、
日本語では口先の動きで音を出していますね。
ところが、Mでは口を閉じて音を出します。
イメージとしては、口を閉じたまま「ん」と発音するように発音します。
これが正しいMの発音になります。
日本人は何故かMの発音時に口を大きく開ける人が多いですね。
これは「ま行」発音時と混同しているためと思われますが、
実際には全く違う音なので注意が必要です。
一度、みなさんも自分のMの発音をチェックしてみてください。

 

次はNの発音です。
Mの時と同じく、「な、に、ぬ、ね、の」は口先で音を出しますが、
Nの発音は少しだけ口を開いた状態で行います。
そのまま「ん」という発音が正しいNの発音になります。

 

MもNも、喉と鼻で発音するのを意識すると綺麗に発音することができるでしょう。
どちらも、日本語では「ん」が一番近い音になります。
ためしに、「man」という単語を何度か口に出して練習してみてください。
しっかりとMとNの違いを意識しましょう。

 

MとNもR、L同様に日常会話で頻繁に出てくる文字です。
どちらかといえばMとNの方が頻度は高いかもしれません。
「thank you」「no」「man」「him」「mother」などは誰でも何処でも使いますからね。
それを日本語の「ま行」「な行」で発音していたのではネイティブには伝わりません。
しっかりと練習を行って、どちらも正しく発音できるようにしておきましょう。


 

 

口の動きが完全にわかる! 発音スキルが一気に向上!

英語

 

英語
※雑誌、書籍、新聞など数々のメディアで大人気!!
管理人おすすめの発音改善プログラム