RとLの発音

日本人が英語において最も苦手とされているのはRとLの発音の区別です。

 

他にも難しい発音は沢山あるのですが、何故これが良く取り上げられるのでしょうか。
それは、英語を聞いていれば分かるのですが、RとLは非常に頻繁に出てくるからです。
例えば専門用語にしか使われていないならば、発音が出来なくても問題はありませんが、
日常生活で使う単語に多く使われているとなると、
やはり正確に区別して発音できなければいけないことになります。

 

ここでは、RとLの発音の違いを解説していきたいと思います。

 

まず日本人にとって馴染みやすいのはLの発音です。
これは比較的日本語の「ら行」に近い発音だからです。
ためしに、「ら、り、る、れ、ろ」と実際に発音してみましょう。
舌の動きを意識すると、舌の先が上顎の内側に軽くタッチしているのが分かると思います。
Lの発音は、このタッチする位置を前歯の生え際まで持ってきます。
これだけでLの発音は完璧です。

 

今度はRの発音です。
良く、カタカナ英語の発音になってしまっている人が勘違いしているのは、
Rの発音は巻き舌でするという誤った認識です。
ネイティブの発音を聞いてみてください。
きっと、巻き舌では発音していないのが分かると思います。
Rの発音のコツは、Lの発音時とは逆に、舌を後ろに持っていくということです。
どういうことかと言うと、まず「らー」と伸ばし気味に発音しましょう。
次に、舌の高さはそのままに、舌を喉の方へ引っ込めます。
これが正しいRの発音になります。

 

以上のポイントに注意すれば、難しいとされているRとLの発音も簡単にこなせます。
実際に何度も舌の動きを意識しながら発音練習をしてみてください。


 

 

口の動きが完全にわかる! 発音スキルが一気に向上!

英語

 

英語
※雑誌、書籍、新聞など数々のメディアで大人気!!
管理人おすすめの発音改善プログラム