話しているのに伝わらない!?

みなさんは、自分の話している英語が、
相手に思ったように伝わらないという経験をしたことはありませんか?

 

もちろん、伝えたいと思っていることやものの名称や単語が分からない場合は、
自分の言いたいことを伝えるのは無理でしょう。
それは単順に語彙の不足(=勉強不足)が原因であって、特に問題はありません。

しかし、自分ではきちんと言いたいことを言えているはずなのに、

相手に自分の英語が伝わらない場合があります。
この場合、一体何が原因なのでしょうか。

 

ずばり、それは英語のスキルではなく、英会話のスキルなんです。
英語が言語である以上、語彙や文法構造に比べて、発音とリスニングは、
意思疎通を行ううえで欠かすことの出来ない重要なファクターです。

 

日本では義務教育の過程で、ほぼ全ての人が中学校(あるいは小学校)から、
何年も英語を勉強してきているはずなのに、
海外では全くと言って良いほど伝わらない英語を話してしまっている人が多いんです。
実際のところ、海外でネイティブ相手に充分通用する英会話を習得できている人は、
現地に長く住んでいるというレベルの人でも少ないです。

 

では、一体どうすれば世界で通用する英語を話せるようになるのでしょうか。
その答えが、英会話の発音の上達、ということになります。

英会話の発音を上達させることは、

単語や文法の勉強をするよりも遥かに効果的に、
あなたの英語を海外でも通用するレベルにまで簡単に引き上げてくれます。

 

今一度自分の英語を伝える能力を、
このサイトを通して「発音」という観点から見直していきませんか。


 

 

口の動きが完全にわかる! 発音スキルが一気に向上!

英語

 

英語
※雑誌、書籍、新聞など数々のメディアで大人気!!
管理人おすすめの発音改善プログラム