アクセント(強勢)とは

英語の単語にはアクセント(強勢)と呼ばれる一種のルールが存在します。

 

分かりやすいように日本語に例えると、
「ミカン」という単語を「蜜柑」と「未完」でそれぞれ発音する場合、
日本語では音の強弱ではなく高低でアクセントを付けてその差をはっきりさせます。
これが、英語圏では高低でなく強弱をつけての発音に変わるというわけです。
例を挙げるとすれば、「subject」という単語は、音節に分解すると
「sub/ject」となりますが、このうち「題名」を意味するときは前者の音節を、
「服従する」を意味するときは後者の音節を強く発音することで区別させます。
このため、日本語のアクセントは高低アクセント、
英語のアクセントは強勢アクセントと呼ばれ、同じアクセントなのにもかかわらず、
その使い方は全く違ったものであるということが分かると思います。

 

では、実際にこのアクセントはどうやって自分のものにしていけばいいのでしょうか。

 

今までに説明してきた、発音記号や音節と同じく、単語におけるアクセントの位置は、
辞書などで簡単に確認することが出来ます。
そして、アクセントがついている音節を強く、長く発音する練習をしましょう。

 

よく、日本人がしてしまうミスとしては、アクセントの箇所を強く発音していても、
音の長さが他の音節と変わらないということがあります。
これは、全ての音節の長さに差のない日本語に慣れ親しんでいるが故のミスですね。

 

アクセント(強勢)は「強く、長く」ということを忘れないようにしてください。
特に、最初のうちは多少不自然に感じても、「長く」を意識して、
発音練習を行うと良いでしょう。


 

 

口の動きが完全にわかる! 発音スキルが一気に向上!

英語

 

英語
※雑誌、書籍、新聞など数々のメディアで大人気!!
管理人おすすめの発音改善プログラム