音の強弱と長短

単語を音節に分けることが出来るようになったら、次は音の調節が課題となります。
そもそも、単語を音節で分けているのは、
英語の発音時、音節ごとに抑揚をつけるためでしたね。

 

ここで覚えておいて欲しいのが、
英語の発音の大前提として、強い音は長く、弱い音は短く発音するということがあります。

 

日本語では、一文字が一音節である上に、どの音節も同じ強さ、長さで発音するため、
最初のうちはこの音節の強弱、長短の概念が分かりにくいかと思います。

 

私も最初のうちはネイティブの方としゃべっていても、
どうも相手が発音をきちんとしていないような違和感を覚えることが良くありました。
もちろん、実際にはそれが正しい英語の発音方法なのですが、
私を含めた日本人が普段使っている日本語では音節に強弱長短はないため、
うっかりすると、弱く短く発音された音節が聞き取れないんです。

 

外国の人が話している英語が部分的に聞き取れない、ということを悩んでいる人も、
それは実際に聞き取れていないのではなく、
相手が聞き取れるか聞き取れないか程度の弱さで発音しているからなんです。
全音節が等しく発音される日本語のリスニングに耳が慣れてしまっていると、
英会話の音は穴が開いたように聞こえてしまうかもしれませんが、
本当はそれが正しい英語の発音なんです。

 

逆の考え方をすれば、弱く短い音節はほとんど聞き取れないレベルで発音する、
というのがネイティブの発音方法ともいえます。

 

長年日本語を使ってきた人にとって、この弱く短い音節の発音が、
英会話上達における最初の大きな壁ではないでしょうか。
しかし、慣れてしまえばこれほど簡単なものはありません。
諦めずに反復練習をすることで、耳を英語の音節に慣らしていくことを心がけましょう。


 

 

口の動きが完全にわかる! 発音スキルが一気に向上!

英語

 

英語
※雑誌、書籍、新聞など数々のメディアで大人気!!
管理人おすすめの発音改善プログラム