音声と音節構造

日本人が英語を話すとき、どうしてもカタカナ英語になってしまいがちです。
その原因の一つに、英語の音節構造が挙げられます。

 

「音節」とは、音声の単位です。
分かりやすく言うと、発音の際、口から出る最も小さな音のまとまりのことです。
英語の単語は、どれも必ず一音節以上から成り立っています。
単語をどのように区切ればいいのか分からないという人は、
辞書などで単語を確認してみましょう。
どの辞書でも、単語を「・」や「/」で区切った表記がされていると思います。
それが音節の区切りなのです。

 

英語の音節は、「母音だけ」「母音と子音」「子音と母音」「子音と母音と子音」など、
様々なパターンがありますが、基本的には母音を中心にしていると覚えてください。

 

この音節を正しく区切って発音できるかどうかが、
カタカナ英語とネイティブ英語の最も顕著な差です。
たとえ、発音記号をマスターしても、音節の切り方を間違えてしまうと、
正しい単語の発音が出来ていないことになります。
発音記号と音節。このふたつをマスターして、
初めてやっと一つの単語をネイティブ並みに扱えるようになるのです。

 

日本語は一文字が一音節の言語であり、
五文字の単語なら五音節というように極めて単純な構造になっているので、
最初のうちは英語の音節になれるのには苦労するかもしれません。
しかし、音節を正しく区切ることは、単語だけでなく文章の発音にも効果があるので、
是非諦めずに頑張ってください。


 

 

口の動きが完全にわかる! 発音スキルが一気に向上!

英語

 

英語
※雑誌、書籍、新聞など数々のメディアで大人気!!
管理人おすすめの発音改善プログラム