英語の特徴

続いては、英語の特徴についてもう少し詳しくみていきましょう。

 

「英語と日本語の違い」でも少し説明はしましたが、
英語では発音の強弱というものがとても重要視されています。
そのため、あまり発音の強弱を日常生活で意識することの無い日本人にとっては、
弱く発音された文字や単語が聞き取れないといったことになってしまいます。
逆に、自分が英語を話す場合も一語一語をはっきりと発音しようとするために、
ネイティブの人にとって見れば聞き取りづらく、分かりにくい英語になってしまうのです。

 

何故こんなにも発音の強弱が重要視されるのかというと、
それは日本語には無い英語の特徴に原因があります。
日本語は助詞が発達しているために、文章内の構造は非常に自由度が高くなっています。

 

例えば、

  • 「私の趣味は読書をすることです」
  • 「読書をすることが私の趣味です」
  • 「私は読書することを趣味にしています」

というように、ある程度語順をバラバラにしても意味は通じますよね。

 

ところが、英語では語順は
「My hobby is reading (a book)」
の一通りしかありません。
このように、英語は日本語よりも文法の縛りがきついんです。
なので、自由度の低い文章内で正確に意味を伝えるために、
文章や単語そのものに強弱をつけて発音するというようになったのです。

 

しかし、この自由度の低さというのは、言い換えればシンプルということです。
つまり、ルールさえ覚えてしまえば誰にでも使えるということに他なりません。
現在、世界中で英語が話されているのも、厳格な文法上の規則に伴う、
シンプルさによるところが大きいのではないでしょうか。

 

よって、発音さえマスターできれば、
日本人であるみなさんにとっても英語を自分のものにするのは簡単ということです。


 

 

口の動きが完全にわかる! 発音スキルが一気に向上!

英語

 

英語
※雑誌、書籍、新聞など数々のメディアで大人気!!
管理人おすすめの発音改善プログラム