英語と日本語の違い

英語と日本語は話されている国も話している人たちも違う、全く異なった言語です。
今までにも少し説明しましたが、発音以外にも大きな違いが沢山ありますよね。
単語、文法、助詞の有無…など、例を挙げればきりがありません。

 

ですが、ここでは英会話の発音的視点から英語と日本語の違いについて、
詳しく見ていきましょう。
まずは、音素の数です。
これは既に述べたように、日本語に比べて英語は二倍以上の音素があります。
それらの数多くの音素は、英語では「発音記号」と呼ばれるもので表されます。
これも日本語との違いの一つですね。

 

また、日本語では文章を話すときにあまり抑揚(=単語ごとの強弱)をつけません。
最初から最後まで平坦なリズムで発音することがほとんどです。例えば、

 

「私は昨日、3時のおやつにショートケーキを食べました」

 

という文章で、強調するのは何処でしょうか?という質問を考えてみてください。
日本語に慣れ親しんだみなさんなら、一瞬答えに迷うのではないでしょうか。
それもそのはず、答えなんて無いんです。

 

正確に言えば、上記の文章を普通に日本語で読み上げる場合、
どこも同じ強さで発音するのが一般的なのです。
逆に言えば、外国の人が日本語を習得するのが難しいのは、
この強弱の無さに原因がある場合が多いです。

 

それほど、英語圏では文章内の抑揚というのは大切なものなのです。
英語の発音ではこの抑揚がかなり重要なものになってきます。
さらに、これは文章を発音する場合だけではなく、単語レベルでも同様です。
日本語を話す場合にはあまり意識されていないアクセント(強勢と呼ばれます)が、
英語の発音には欠かせません。

 

ざっと発音という観点から見ただけでも、
ご覧のように英語と日本語の違いは沢山あるんですね。

 

これらひとつひとつの違いを正しく理解することが、
英会話上達への近道なので、是非頑張って習得してください。


 

 

口の動きが完全にわかる! 発音スキルが一気に向上!

英語

 

英語
※雑誌、書籍、新聞など数々のメディアで大人気!!
管理人おすすめの発音改善プログラム