カタカナ英語は危険!

これまでも幾度と無くカタカナ英語は使わない方が良いと説明してきましたが、
英語発音の基礎をあらかた説明し終わったこのタイミングで、
もう少し掘り下げてその危険性を説明してみたいと思います。

 

たしかに、英語をカタカナに置き換えて理解するというのは、
外国語を自国の言葉に置き換えることで、
身近なものとして捉えるという点から見れば一間合理的なようにも思われます。
しかし、それはあくまで最初のうちに異言語に対して親近感を持たせる、
という意味でしか有効ではありません。

 

日本における英語の学習は、何故か発音や会話よりも、
文法や単語が重要視されているというおかしな傾向があります。
そのため、英語を学ぶ=単語の暗記というイメージが強い人もいるのではないでしょうか。
また、そういった教育方針の中では、
いかに効率よく単語を覚えるかということが、重要になってくるため、
単語帳に堂々とカタカナ表記で読み方が書かれていたりもします。

 

カタカナでの英語発音に慣れてしまっては、
ネイティブレベルでの発音には、一生近づくことはできませんし、
ネイティブの発音を正確に聞き取ることも出来ないままになってしまいます。

 

そうならないようにするためにも、先ずはこの章で説明して来た通りに、
発音記号を完全にマスターし、音節を意識し、
アクセントと二重子音を完璧に身につけて英語を発音できるようにしましょう。

 

とても難しいことのように感じるかもしれませんが、
実際に口を動かしてみれば誰にでも出来ることです。
良く、言語の壁は大きい、という人もいますが、
言語というものの壁はよほどの上級者にならなければ感じることはありません。
むしろ、そのレベルに達しなければ感じられないものなんです。
これから英会話のスキルアップを目指している人は、
苦手意識など持たずにとにかくやり始めてみることが大切だと思います。


 

 

口の動きが完全にわかる! 発音スキルが一気に向上!

英語

 

英語
※雑誌、書籍、新聞など数々のメディアで大人気!!
管理人おすすめの発音改善プログラム