二重子音について

英語学習において、意外と知られていないのが二重子音の重要性です。

 

二重子音の発音は、日本語には全く存在しないため、
英語を学ぶ日本人にとっては馴染みのないものかもしれません。
しかし、二重子音の発音についてきちんと学ぶことは、
英語の発音スキルをアップする上で欠かせません。

 

二重子音とはどういったものかというと、
英単語の「尋ねる」を意味する「ask」であれば、
「-sk」という部分が二重の子音になっているわけです。
辞書などで発音記号を確認してみましょう。

 

英語にはほとんどの単語にこの二重子音が含まれていますし、
それがきちんと発音できているかどうかがネイティブとそうでない人の、
もっとも大きな差であるとも言えます。

 

二重子音だけでなく、英語には三重子音もでてきます。
「ask」の過去形である「asked」では、「-sked」の部分が三重子音となります。
こちらも日本語には存在しない音になります。

 

二重子音の発音練習方法としては、とにかくネイティブの発音を聞き、
実際に口を動かして覚える他ありません。
何といっても、私たちが普段使っている日本語にはない音ですからね。
カタカナなどでは絶対に表記できない音ですし、
絶対に聞いた場合も、頭の中でカタカナに変換して捉えてはいけません。
そのくらい、日本語を話す私たちからすれば未知の音だ、と覚えておいてくださいね。

 

この二重、三重子音をマスターすれば、いかにカタカナ英語がおかしなものであるかが、
手に取るように分かるようになります。
そして、そのレベルに達することが出来れば、たとえ知っている単語が少なくても、
充分にネイティブと英語で意思疎通が出来るようになるでしょう。

 

英語の発音には欠かすことの出来ない二重子音を、是非習得しましょう。


 

 

口の動きが完全にわかる! 発音スキルが一気に向上!

英語

 

英語
※雑誌、書籍、新聞など数々のメディアで大人気!!
管理人おすすめの発音改善プログラム