子音と母音

今度は英語と日本語の子音と母音の関係について説明していきたいと思います。

 

まず、日本語では子音と母音とは必ずセットになりますよね。
ひらがなをローマ字で表記した場合を思い浮かべてもらうと分かりやすいと思います。
五つの母音「a」「i」「u」「e」「o」のそれぞれに子音(「k」や「s」等)が付いて、
日本語表記にある「ん」以外の全ての音を表すことが出来ます。
非常に洗練されて分かりやすい構造になっていますね。

 

ところが、この構造が日本人にとって英語を習得する際に障害になってしまうのです。
というのも、英語の単語を見ていただければわかりますが、
英語では子音が並ぶということが珍しくありません。


例えば、「考える」という意味の「think」には「th」という部分があります。
この部分は子音だけですが、英語ではきちんと【θ】という音で発音されます。
けれど、その発音に母音は含まれていないのです。

 

日本人が英語を発音しようとすると、どうしても日本語を使っている癖で、
ありもしない母音の発音を英語に組み込んでしまいがちです。
上記の例で言えば「th」の部分を「シ」、つまり「s(子音)+i(母音)」という構造に、
無意識に変換してしまっているのです。
これがカタカナ英語と呼ばれるものの正体なんです。
当然、ネイティブの人にとってみれば、ありもしない母音を組み込んだ発音は、
たとえ意味を理解してもらえたとしても大層おかしなものに聞こえているでしょう。

 

要点としては、英語には子音そのものにも音があり、それは日本語にはない音である、
ということです。
このことを常に頭において英語の発音勉強をするようにしましょう。


 

 

口の動きが完全にわかる! 発音スキルが一気に向上!

英語

 

英語
※雑誌、書籍、新聞など数々のメディアで大人気!!
管理人おすすめの発音改善プログラム