英語発音の基礎

英会話上達の為に欠かせない英語の正しい発音を音素や音節、アクセント、発音記号などから具体的に理解していきましょう。また、英語を発音する上で大切な音の強弱や長短、高低といったポイントも分かりやすく解説していきます。是非これを読んで英語と日本語の発音の違いを基礎からマスターしてください。

 

英語と日本語は話されている国も話している人たちも違う、全く異なった言語です。今までにも少し説明しましたが、発音以外にも大きな違いが沢山ありますよね。単語、文法、助詞の有無…など、例を挙げればきりがありません。ですが、ここでは英会話の発音的視点から英語と日本語の違いについて、詳しく見ていきましょう。まずは、音素の数です。これは既に述べたように、日本語に比べて英語は二倍以上の音素がありま...

続いては、英語の特徴についてもう少し詳しくみていきましょう。「英語と日本語の違い」でも少し説明はしましたが、英語では発音の強弱というものがとても重要視されています。そのため、あまり発音の強弱を日常生活で意識することの無い日本人にとっては、弱く発音された文字や単語が聞き取れないといったことになってしまいます。逆に、自分が英語を話す場合も一語一語をはっきりと発音しようとするために、ネイティブの人にとっ...

今度は英語の発音記号について説明していきたいと思います。発音記号自体を知らない人はほとんどいないと思いますが、英語の辞書や単語帳に必ずと言って良いほど単語の横に書かれているものです。この場で全て挙げるのは割愛しますが、一例を挙げると、【æ】や【?】、【θ】のような記号が英語の発音記号です。この発音記号を見れば、sheとsea、bathとbusが、全く違った発音であるというこ...

日本人が英語を話すとき、どうしてもカタカナ英語になってしまいがちです。その原因の一つに、英語の音節構造が挙げられます。「音節」とは、音声の単位です。分かりやすく言うと、発音の際、口から出る最も小さな音のまとまりのことです。英語の単語は、どれも必ず一音節以上から成り立っています。単語をどのように区切ればいいのか分からないという人は、辞書などで単語を確認してみましょう。どの辞書でも、単語を「・」や「/...

単語を音節に分けることが出来るようになったら、次は音の調節が課題となります。そもそも、単語を音節で分けているのは、英語の発音時、音節ごとに抑揚をつけるためでしたね。ここで覚えておいて欲しいのが、英語の発音の大前提として、強い音は長く、弱い音は短く発音するということがあります。日本語では、一文字が一音節である上に、どの音節も同じ強さ、長さで発音するため、最初のうちはこの音節の強弱、長短の概念が分かり...

英語の単語にはアクセント(強勢)と呼ばれる一種のルールが存在します。分かりやすいように日本語に例えると、「ミカン」という単語を「蜜柑」と「未完」でそれぞれ発音する場合、日本語では音の強弱ではなく高低でアクセントを付けてその差をはっきりさせます。これが、英語圏では高低でなく強弱をつけての発音に変わるというわけです。例を挙げるとすれば、「subject」という単語は、音節に分解すると「sub/ject...

英語の発音でアクセントを習得するのには、リスニングと発音練習がもっとも適しているといえます。というのも、実際に100パーセント決まった法則があるわけではありませんし、自分の耳で聞いて単語単語のどこにアクセントが置かれているかを把握することが、上達への一番の近道だからです。そうすることで、自分で英語を話す場合にも、自然と正しいアクセントで発音できるようにもなりますからね。しかし、アクセントには全てに...

今度は英語と日本語の子音と母音の関係について説明していきたいと思います。まず、日本語では子音と母音とは必ずセットになりますよね。ひらがなをローマ字で表記した場合を思い浮かべてもらうと分かりやすいと思います。五つの母音「a」「i」「u」「e」「o」のそれぞれに子音(「k」や「s」等)が付いて、日本語表記にある「ん」以外の全ての音を表すことが出来ます。非常に洗練されて分かりやすい構造になっていますね。...

英語学習において、意外と知られていないのが二重子音の重要性です。二重子音の発音は、日本語には全く存在しないため、英語を学ぶ日本人にとっては馴染みのないものかもしれません。しかし、二重子音の発音についてきちんと学ぶことは、英語の発音スキルをアップする上で欠かせません。二重子音とはどういったものかというと、英単語の「尋ねる」を意味する「ask」であれば、「-sk」という部分が二重の子音になっているわけ...

これまでも幾度と無くカタカナ英語は使わない方が良いと説明してきましたが、英語発音の基礎をあらかた説明し終わったこのタイミングで、もう少し掘り下げてその危険性を説明してみたいと思います。たしかに、英語をカタカナに置き換えて理解するというのは、外国語を自国の言葉に置き換えることで、身近なものとして捉えるという点から見れば一間合理的なようにも思われます。しかし、それはあくまで最初のうちに異言語に対して親...

英語の音素は全部で四十種類を超えるということは既に述べた通りですが、ここではより詳しく音素について説明していきたいと思います。一口に音素とは言っても、定義の仕方や設定によってその意味には少し振り幅があります。ここでは、ある言語を全て発音するために必要な音、を音素として説明しています。これが英語だと日本語の二倍近くの数あるわけですね。つまり、半分程度が日本語には無い音を使って発音しなければならないと...

口の動きが完全にわかる! 発音スキルが一気に向上!

英語

 

英語
※雑誌、書籍、新聞など数々のメディアで大人気!!
管理人おすすめの発音改善プログラム